忍者ブログ
Since 2007/12/26
[245]  [244]  [243]  [242]  [241]  [240]  [239]  [238]  [237]  [236]  [235
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、ちょっと考えたことがあります。日本国民って政治家、中でも国会議員をあまり信用してない気がします。

国民の投票で議員を選出し、間接的に首相も選出しているわけです。それなのになぜか批判の的となる。
もちろん誤った判断は批判されても仕方がないです、が、
「自分たちが選んだ」という意識がなく、「誰だ、こんなやつを議員にしたのは」という考えを持っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

自分は首相に閣僚の任命責任を問う前に、内閣総理大臣は国民全体が選びだした代表という認識をはっきり持ち、そしてその人物に関して国民全体の任命責任のようなものを持たなければならないと思います。


選挙でなんとなく国会議員を選出、なんか総理は○○になったらしい。そいつはとんでもない発言をしたらしい。
こういうとき
→「そんなやつは辞めさせろ。」
ではなく、
→「俺たちはそんなのを首相にしたのか、情けない」
と考えるべきだとは思いませんか・・・?

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
HN:
来都
年齢:
23
HP:
性別:
男性
誕生日:
1993/08/01
職業:
学生
趣味:
ピアノ、デジ物いじり
自己紹介:
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高校1年生へ

このブログを評価してくれ!
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新CM
[12/25 メーコ]
[09/04 来都]
[09/03 オオハシ]
[08/27 名無しさん]
[08/27 菜穂]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
ブログ内検索

photo by mattarihonpo
忍者ブログ [PR]