忍者ブログ
Since 2007/12/26
[93]  [92]  [91]  [90]  [89]  [88]  [87]  [86]  [85]  [84]  [83
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋葉原で昨日、7人もの方々が亡くなり、ほかにも5人もの重軽傷者を出した通り魔事件がありました。

私の身近のある人がこの事件の報道を見てこう言いました。

「『世の中が嫌になった』というのなら一人で死ねばいいのに。迷惑極まりない。」

皆さんはこの意見についてどう思われますか?
確かに一見筋は通っています。

でも、本当に人を殺めるほどの精神的に極限状態の人に、責任を押し付けるのは正しいことなのでしょうか。

彼の詳しい事情や心理学については明るくありませんが、少なくとも、勤めていた会社からは、解雇されたと勘違いして、相当なショックを受けていたそうです。
雇用の不安定な時代だからこそ起こった事件なのかも知れません。

-------------------------------------

もう一つ。絶望から、自殺する人と他人を殺害する人は紙一重なんだそうです。内に向くか、外に向くか。

たとえばある生徒がいじめを受けていて、自殺した事件といじめの加害者を殺害した事件とがあったとします。

メディアはどう報じるでしょうか?

前者の場合、自殺した生徒が「かわいそうな人」で、加害者が「悪者」になるでしょう。
では後者では?
いじめの事実は報道したがらない事が多いのではないでしょうか。

視聴者からの反響が欲しいテレビ局では、「良い奴」は徹底的に「かわいそう」に、「悪い奴」は逆に徹底的に叩きます。

そうすると視聴者も「こいつは良い奴で、こいつは悪い奴だ。」と思いこみ、どこの局もそのような報道するので、ほとんどの世論はメディアによって画一化され、その事件に関して共通のイメージを持つことになります。


だらだらと書きましたが、要はメディアは世論を動かす力を持っているという事です。
そのメディアが局の利益を優先して真実を報道しないのはやはり良くないことだと思いませんか?


最近、何か言いたいことがあって、文章を書いている時、主張がうまくまとまらなくなってきました。。。老化でしょうか((汗
ここまで読んで下さった方、ありがとうございました。


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
HN:
来都
年齢:
24
HP:
性別:
男性
誕生日:
1993/08/01
職業:
学生
趣味:
ピアノ、デジ物いじり
自己紹介:
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高校1年生へ

このブログを評価してくれ!
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新CM
[12/25 メーコ]
[09/04 来都]
[09/03 オオハシ]
[08/27 名無しさん]
[08/27 菜穂]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
ブログ内検索

photo by mattarihonpo
忍者ブログ [PR]