忍者ブログ
Since 2007/12/26
[114]  [113]  [112]  [111]  [110]  [109]  [108]  [107]  [106]  [105]  [104
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょっと暇ができたのでアップしてみる。意外と苦戦するのでは?

でも面白いのでやってみてください。(一部改めてあります。)



次の文章を読んで次の問いに答えなさい。

----------------------------------------
 新憲法(日本国憲法)は第三章「国民の権利及び義務」において、多くの基本的権利を単純無条件に規定している。そこで、政治家の一部には、新憲法は国民の「権利」を保護することに重点をおきすぎ、政府に対する国民の「義務」を規定する点では不十分である、と非難する人々がある、たとえば、


「この点から見ると、今の憲法では、権利と自由の主張が圧倒的で、義務の観念が極めて薄い。権利の数は一見しただけでも…たくさんあるが、義務はわずかに、教育と( A )と( B )の三つしかない。」
 ※中曽根康弘『自主憲法の基本的性格-憲法擁護論の誤りを衝く』



これは、新憲法(日本国憲法)がそれらの「権利」を規定する、いうことの目的ないし趣旨に対する、無理解から生じたものである。
(川島武宜 著『日本人の法意識』-岩波新書-より抜粋。一部表現を改めてある。)
----------------------------------------


問1.文章中の( A )・( B )の空欄を適切な語句で補いなさい。(順不同)

問2.文中の下線部について。ここで言う「新憲法(日本国憲法)がそれらの『権利』を規定する、いうことの目的ないし趣旨」とは何か。憲法の定義について触れながら、これを説明しなさい。


問1はともかく問2は結構キツいのでは?
オレを教えている先生はここら辺を繰り返し言ってましたから解けましたが、初見だったら相当な難問でしょうねw

それにしてもあの先生はノートの作り方はともかく言っていることは的を得ているので、授業面白いっす。

ではー
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
問1 A 勤労
 B 納税

問2 分かりません


最近暑いですね
電子回路 URL 2008/07/05(Sat)22:35:57 編集
ですねー
昨日、東京では30度を超えたそうです。暑いわけだ。。。

問1○です。
問2まぁ仕方ないと思います。ってかこっちの授業受けてなくて分かったらびっくりです。

解答?(取りあえずオレの解答をアップするので若干間違っているかも知れません。)

問2
本来憲法というものは、政治を行う側の権利を制限する目的で作られたものであり、国民の権利または義務を規定するものではなく、それらは本来の目的を達成する上で必要となり規定されたものだから。
(そのため、国民の権利は最大限に認められており、義務は最小限に留められている。)

今から考えれば余計な一文を付けてしまったかも知れません。
配点が9点もある問題なんですが、8点はもらえているハズ。。。
来都 2008/07/06(Sun)11:53:06 編集
無題
憲法の問題懐かしいw
ってか問2難しいなぁ^^;
のび太☆ 2008/07/07(Mon)00:04:09 編集
無題
ですよね。。。
でも授業で繰り返し言ってたので、多分出来てない人は怒られるんじゃないかなーと思います。

確かにこういう事を考えれば、公民も面白いのかも知れませんね。
来都 2008/07/07(Mon)00:14:25 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
HN:
来都
年齢:
24
HP:
性別:
男性
誕生日:
1993/08/01
職業:
学生
趣味:
ピアノ、デジ物いじり
自己紹介:
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高校1年生へ

このブログを評価してくれ!
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新CM
[12/25 メーコ]
[09/04 来都]
[09/03 オオハシ]
[08/27 名無しさん]
[08/27 菜穂]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
ブログ内検索

photo by mattarihonpo
忍者ブログ [PR]