忍者ブログ
Since 2007/12/26
[1]  [2]  [3]  [4
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

左手首が腱鞘炎のようですorz

要は手の腱(けん)が炎症を起こすことなんですが、うまいピアニストは、なりにくいんだとか・・・ショック・・・

でもマゼッパ弾いてる限りは両手ともに酷使しなければ行けないハズ。。。

これが自分の限界・・・?そうは思いたくないけれどつい・・・考えてしまいますね。


でもまだ軽度な方だと思われるので、あえて先生には言わずに頑張ろうと思います。

応援よろしくぅ♪⊂(゜∀゜ )

PR
いつも通りゆっくーり(じっくーり?)マゼッパの練習。

と、あり得ない譜面を発見。おかしいことに気づく。

ちょww腕三本っすかww
無理ッス、無理ッス。こんなの弾けないッスww


そこでプロの演奏をニコ動で探し、チャイコフスキーピアノコンクールの優勝者(何年のかは忘れたけど)の神演奏を見る。
すげ、すげーよ、この人。
なんでこの人こんなに楽そうに超絶技巧弾いてんだよ。
ありえねー


とか思っているうちに終わってしまった・・・
リプレイで今度こそ・・・
と思っていたのに、肝心のところでなぜか上にある「R-18」のタグに目を奪われる。。。w
なんでR-18?
「再生に合わせてスクロール」のチェックを外しコメを見直しているとこれは、ある意味18禁ww 顔自重ww等のコメントが・・・
なるほど、確かにいい顔とは言えんなww


と、ここでまた再生終了。。。
三度目の正直、今度はちゃんと見れたw


ん?一番上弾いてなくね・・・?

見直すが間違いなく弾いていない
・・・なんだ、こりゃ?


と、そこで昨日のピアノのレッスンで先生に聞いてみた。

「『Ossia』っていうのは『または、』って意味で、右手が難しすぎて弾けないときは、こっちを弾きなさいって意味。普通に考えて分かるでしょ。

常識なくてサーセンww
それにしてもシビアすぎる・・・先生・・・


楽譜読むには知識が必要。
昔から、耳から音を入れて弾くという邪道な(?)スタンスだったオレは今になってそのデメリットを知ったのでした・・・トホホ。。。


ってかそうやって教えたの先生じゃね?とかも思ったのですが、恩師はなによりプロのピアニストですし、ある程度オレの才能の無さには気付いていたんでしょう、適当に教えましたねw


ま、しゃーない((泣




今日数日ぶりにピアノを弾きました。
まずはということでマゼッパの弾けるところをゆっくーり弾いてみたんですが・・・

弾けん!!指がズレとる!

CDを聞いているうちに、つい速く弾いてしまう癖が付いたようで、音外しまくり。。。
自分で聞いてても音楽というか、騒音((汗

音が合ってこその音楽。いくら速かろうが騒音では意味がない。

、と分かってはいても、「弾けない!弾けないっ!」ともっと焦るばかり。

ついに辛くなってきて勉強をすることにした。が集中できるはずもなくブログ更新。

それにしても・・・数日間のブランクでこれだけ弾けなくなるのなら、1ヶ月とか1年とか弾かなかったらどうなるんだろう?
考えるだけで空恐ろしい。。。

まぁ地道にやっていきますよ。



忘れてましたが試験5日前。
百人一首を20首覚えなきゃいけないし、元素記号や分子式、英単語ターゲット140ページも覚えなきゃ

数学の問題集も手つかず。

いつもよりヤバい気がしてきた。。。


というわけで勉強モード突入です

リスト集と共にレッスンへ。

しかし弾き始めてみると、自分が大変な間違いを犯していたことを指摘された。

先:「ここ、ちゃんとリズム考えて。」


自:「へっ?」

先:「フェルマータが付くからこうなるんでしょ。」
自:「フェルマータってなんすか?」

先:「・・・じゃあ普通に弾いてみようか」

(弾いてみる)

自:「こうですか?」

先:「ここ違うでしょ。こう。(弾いてみせる)」

自:「どう違うんですか?」

先:「だからフェルマータは無視して!」

自:「あの、フェルマータって・・・?」

先:「次、行きましょう((怒」


あの、譜が読めませんが何か?
用語とか知りませんが何か?(ノ`Д´)ノ彡┻━┻チャブダイガエシ

この切なさ、誰か理解して下さい・・・
今日、いや、もう昨日ですね。
発表会後の初めてのレッスンがありました。

問題のマゼッパ、譜読みから始めようかと言われ、やってみるものの、挙げ句の果てには
「・・・うーん。。。じゃあメロディーだけ弾いてみよっか。((笑」
これはかなり痛い。オレ涙目、先生苦笑。

ハイ、と答えたものの、
「どれがメロディーですか?((爆」
完全先生呆れ顔。
なんでこんな生徒持っちゃったんだろう、と言わんばかりの眼差し。
「目は口ほどにものを言う」と言うことを実感した1日でした。

ちなみにメロディーは、レーレードシーシー、シラーラファーラ、ドーシーという(てきとー過ぎですみません)パートらしい。

では。。。

HN:
来都
年齢:
23
HP:
性別:
男性
誕生日:
1993/08/01
職業:
学生
趣味:
ピアノ、デジ物いじり
自己紹介:
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ

にほんブログ村 高校生日記ブログ 高校1年生へ

このブログを評価してくれ!
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新CM
[12/25 メーコ]
[09/04 来都]
[09/03 オオハシ]
[08/27 名無しさん]
[08/27 菜穂]
最新TB
ブログ内検索
バーコード
ブログ内検索

photo by mattarihonpo
忍者ブログ [PR]